リフォームローンの金利が安い銀行は?どこがおすすめでしょうか?

楽天のリフォームローンといえば【フラット35(リフォーム一体型)】があります。

リフォーム工事資金と住宅購入資金とを合わせひとつのローンで合算して融資を受けることができる商品です。

2016年10月からは新しいリフォームローンフラット35リノベが販売開始しています。

【フラット35(リフォーム一体型)】と何が違うかというと5年または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられます。

注意点しなければいけないことは、工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はできないことがあげられます。

知っておくと得かもしれないリフォームローン審査の内容について説明します。

リフォームローン審査の内容というものは住宅ローンを利用してリフォームを行う場合に対象になります。

減税の対象となるリフォーム工事についてですが何でも対象になるというわけではなくいくつか条件があります。

耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などで100万円を超えた場合にのみ適用されるというものです。

申請を行う人物についても要件があり工事完了から6ヶ月以内に本人が居住していなければいけなかったり、年収は3000万円以下で返済期間が10年以上など条件が定められています。

減税は自己申告制なので入居した翌年に確定申告をしなければいけません。

リフォームローンの頭金はいくらくらいなのか、それは施工する業者によって様々です。

リフォーム工事に取り掛かる前に頭金が必要という業者もいれば工事完了後に一括払いでOKという業者もいます。

金額も業者によってかなり違いますので複数の業者からあいみつを撮ったほうがいいです。

通常、頭金に必要な費用は工事費用の1から2割程度が一般的ですが、契約前に資材費を請求してくる業者もいます。

後で追加資材の費用など不明な費用を請求されないためには事前に契約内容を確認することが重要です。

絶対に契約締結前に頭金などを請求する業者は選んではいけません。

リフォームローンで受けることができる控除には所得税の控除というものがあります。

申告を行う事で当年の所得税から限度額はありますが工事費の10%が還付されます。

対象となるリフォーム内容と限度額については条件が指定されていて定められています。

三世代同居、省エネまたは耐震工事は25万円、バリアフリー工事は20万円と決められています。

控除の必須要件として自身が所有し居住することや所得が3000万円以下でなければならないなどが上げられます。

アルヒのリフォームローンは 申込資格が満20歳以上から65歳未満の個人という規定があります。

融資可能金額は50万円以上1 000万円以内となっており、返済回数は1年から35年なので住宅ローンのように長期で返済することも可能です。

それゆえに、アルヒの契約では連帯保証人が必須になります。

また、融資金額が500万円を超えるような場合は抵当権も設定されますので、団信保険付プランを任意で付けることもできます。

利率は変動金利型となっており、4月1日、10月1日の年に2回の長期プライムレートを、3か月後の口座振替から適用となります。

アルヒのフリーダムプラスにはAプラン、Bプランの2種類があり、プランによって金利と事務手数料が異なります。

リフォームローン金利比較は口コミで話題の比較サイトを利用するのがおすすめです。

数社の金融機関が一同に掲載されている比較サイトであれば限度額や借入れ条件を簡単に比較できます。

気になる金利や借入限度額など条件ごとに並び替えすることも可能です。

サイトによってはバナーが貼ってありますのでワンクリックで金融機関のHPへ飛べるところもあります。

近年ネット銀行が広く普及してきたので、ネットで完結できるローンが増えています。

アプラスの金利が安いリフォームローンはTポイントを貯めることができます。

申込できる人は20歳以上65歳未満の安定収入がある人で融資可能額は10万円以上300万円以内、返済回数は最長84回(7年)とライトなローンになっています。

金利についてですが、アプラスの金利は短期融資となるので、7.20%から14.40%と高めの設定になっています。

ネットで申し込みが可能なことや保証人・担保が不要で、小規模なリフォームには適しています。

シミュレーションは条件等詳細に設定することができるため、アプラスのリフォームローンについて詳しく知りたいという方は、一度、HPをご覧になってみてくださいね。

リフォームローンのシミュレーションというものは大手金融業者であればHPに試算フォームを設置しています。

検索窓に「リフォーム シミュレーション」と入力し検索するだけで数多くヒットするので希望のサイトへアクセスします。

返済期間や借入希望額を入力すると月々の返済額などが一瞬で計算されます。

個人情報を登録せず利用できるのでここで借りなければいけないのかなといった心配をする必要はありません。

返済額の計算は難解ですから便利な機能をありがたく使っていきましょう!リフォームローンに落ちた人はまずはその原因をきちんと分析する必要があります。

引用:http://www.freedomisavoice.com/applied/interest-comparison.html

まず、落ちた理由として考えられることは借入の希望額が収入に見合っていなかった可能性があります。

勤続年数や雇用形態に不適切と判断されてしまう問題があったのかもしれません。

例えばマイカーローンの返済中であるなどカードローンの利用状況というのも実は大きな要因となるのです。

これらのローンをきちんと返済することがまずは求められます。

口コミなどの評価が高いおすすめのリフォームローンを探すには 口コミのランキングサイトを利用するのが便利です。

とはいえ、住宅事情というものは人それぞれで異なりますのでひとえにインターネットの情報だけに頼るのはいけません。

まずは、今の住宅で不満点を家族で洗い出し、リフォームに必要な金額を算出しピッタリのリフォームローンを探しましょう。

費用が高額になるようであれば有担保型ローンが低金利のためおすすめですが、少額であれば小回りが利く無担保型ローンが良いかと思います。

中古住宅の購入と同時にリフォームを考えている人は一体型のリフォームローンを利用することで、金利を安くおさえることが可能です。

金融機関より借り入れたリフォームローンが余ってしまった場合、借り入れた金融機関に返金する必要はあるのでしょうか?融資金額は施工業者の見積などによって算出されるため借入金が余るというケースは珍しいのですが架空請求してしまったみたいで落ち着かないですよね。

片や、建設業界では追加費用が発生してもローン内で収まるように見積もり時に上乗せ融資を勧める業者もいるとのことです。

また、金融機関においても追加融資が難しいと判断された場合には担当者も上乗せ融資を勧めることがあるようです。

最終的に完済すれば問題ありませんし、そのまま放置していても構わないみたいですが、余剰分が気になるという人は繰り上げ返済をして、借入た分を早急に全額返済してしまいましょう。

後悔しないリフォームローンの選び方は金利だけを見てはいけないということです。

借入れ可能な期間についてや、上限金額、担保、保証人の必要可否なども考慮する必要があります。

団体信用生命保険(団信)に加入できるか否かや事務手数料などの諸費用も比較要件となります。

建材メーカーの中には、自社の商品でリフォームした場合金利0%の無担保ローンを提供してくれる会社もあります。

金利が安いリフォームローンは種類が豊富ですのでリフォーム会社に相談してみると良いでしょう。

オリコのリフォームローンをご存知ですか?オリコの金利が安いリフォームローンはWebリフォームローン仮受付がかなり便利です。

来店する手間がなくパソコンから申し込み可能で最短2日という速さで審査結果が送られてきます。

オリコのリフォームローンは安い固定金利なのですが、保証人や担保、保証料などを用意しなくて良いという最大のメリットがあります。

オリコの金利が安いリフォームローンは、改修工事やリフォームに限らず太陽光発電システム設置工事などにも利用することができるのです。

リフォームローンを申込時の注意点として、仮受付の申し込みにはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要となり、販売店コードもしくはIDの入力が求められますのでご注意ください。

なるべく低金利でリフォームローンを借りるには担保型のローンを選ぶことをおすすめします。

リフォームローンには担保形と無担保型があり借入期間や借入可能額のほか、金利相場などに違いがあります。

無担保型の場合借入期間は最長10年から15年で借入れ可能な上限金額は500から1000万円ですが、担保型は期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と桁違いです。

金利に関しては長期借入の方が低金利になりますから無担保型が約2から5%という利率に対して担保型は約1から2%という低い金利となります。

又、貸付金利タイプでも差があり安い固定金利と変動金利では変動金利の方が低金利です。

リフォームローンの一体型とはどういったものかご存知ですか?平たく言うと住宅ローンとリフォームローンがセットになったローンです。

中古物件を購入しリノベーションするなら一体型ローンがお勧めです。

金利が安いリフォームローンは住宅ローンと比べて高金利なので一元化することでリフォームの費用も低金利で借りられるのです。

注意点として、事前審査でリフォームの見積書が求められたり、リフォーム工事の契約書が必要になる場合があります。

ですから、物件探しと同時にリフォーム業者を探し、見積もりなどを取っておく必要があるのです。