借りやすいビジネスローンはありますか?審査は甘い?

よくCMや街角などいたるところで見かけるアコムですが基本的にCMでは消費者向けローンしか宣伝していません。

消費者向けのみの印象ですが実は、ビジネスローンも行なっているのを知っていますか?アコムのローンは一般的なノンバンク系のローンと異なり法人向けではなく個人事業主を対象にしています。

そのため、多くのローンでは最大で500万?1.000万くらいが上限なのに対しアコムのローンは最高で300万までと融資上限が設定されています。

他にも大きな違いとしては、最初の審査に通っていれば限度額まで消費者受けカードローンと同じように限度額まで何度でも利用できることです。

また、申し込み後の審査期間も多くのビジネスローンでは翌日以降なのに対し即日可能になっています近年、フリーランスや中小企業など大企業に比べて小規模ビジネスを行う会社が増えています。

市場におけるスモールビジネスの割合は高いですがやはり資金面は不安定になりがちです。

2017年発行の中小企業白書によると2009年から2014年にかけて中小企業は39万社減少しており、小規模事業者の廃業が非常に多いそうです。

こういった小規模の会社の設備投資など短期間での融資のニーズに応えるのがビジネスローンです。

特にbusinextはスモールビジネス向けローン会社として有名です。

選ばれている理由を調べてみると担保が原則不要といったことや書類の提出から融資までの時間が銀行よりも短いといった面があるようです。

ビジネスローンで資金繰りをしようと考えている方、どのローンを利用しようと思っていますか?ジャパンネット銀行のローンで借入するのはいかがでしょう。

このローンと他のローンの違いとして、ご利用限度額の範囲内なら審査不要で何度でも借りることができるという点があります。

他のローンでは、追加で借入する際には毎回、審査が必要になるのですがこのローンでは不要です。

申し込みもHPからで完結するので店舗へ行かなくていいのも楽ですね。

しかし、申し込むには1つ条件があります。

それは、Yahoo!ショッピングへ商品の出店歴があるかという内容です。

そのため、Yahoo!ショッピング・ヤフオクで商品を販売している人にオススメのローンです。

経営者の方の中には、うまく事業が軌道に乗らなくて赤字経営になってしまった、なってしまいそうなのでビジネスローンで資金調達を考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで気になるのが赤字決算でもローン審査に通るのかということです。

ローン審査の仕組み上、決算書を見て利益が出ているとわかる会社の場合その利益から毎月の返済がどのくらいできるか判断され融資が行われるのですが赤字の場合利益が出ないので当然ローン審査に通りにくくなります。

しかし、赤字決算でも審査に受かる可能性があるケースもあります。

例えば、減価償却費による赤字や天災などによる特別損失による赤字の場合です。

他には十分な担保がある場合や決算書提出不要のローンを利用する場合です。

中小企業の大きな悩みでもある資金繰りですが融資が必要なときに利用するのが事業者向けローンですがそもそも事業者向けローンとはどういったものなのでしょうか。

一般的なキャッシング(カードローン)は個人を対象にしており、利用目的は基本的に自由ですが事業目的の利用はできません。

一方で事業者向けローンは事業者を対象にしたものになります。

事業目的の融資は銀行をイメージする方も多いと思いますが資金が必要なタイミングまで時間がない方にはノンバンク系の金融機関をお勧めします。

ノンバンク系の多くのローンでは担保や保証人が原則不要となり申し込みタイミング次第では即日融資が可能なところもあるくらい対応が早いです。

世の中には様々な種類のビジネスローンがあります。

その中には、一般的にイメージする銀行系のローンやクレカで有名なオリコなどのノンバンク系のローンもあります。

ここではノンバンク系のローンの申し込みの流れを確認しましょう。

まずはじめに提出する書類を確認しましょう。

多くのノンバンク系ローンで必須なのが決算書です。

決算書以外ではローン会社ごとに商業登記簿謄本の提出が必要な場合もあります。

これらの書類を準備したらあとはネットで申し込むだけです。

ネット申し込み時には本人確認書類が必要になるので忘れずに用意しましょう。

気になる審査期間については最短で即日というローンもあるようです。

融資で資金調達を考える際に最も重視するのはどの部分でしょうか。

それは金利です。

できることなら低金利で貸付を受けたいですよね。

そこで、今回は金融機関による金利の相場を調査してみました。

日本政策金融公庫の融資を受ける場合は、無担保でも2%前後、有担保での融資になると1%台での融資も行われるようです。

一般的に融資と聞いてイメージする銀行融資では三井住友銀行ビジネスローンでは、変動年金利で2%台からと低利子ですが基本的に担保が必要になります。

最後に、審査が早いノンバンク系のローンの場合は最低6%から最高18%と幅がとても広くなっています。

中小企業の経営者の中には市場の変化や退職金などで赤字決算に陥ってしまって融資が必要と考えている方もいるのではないでしょうか。

でも赤字決算だと銀行は融資を渋る傾向があります。

でも、ノンバンク系のビジネスローンなら可能性はあります。

例を挙げると、ビジネクストの場合では提出書類は本人確認書類と法人では登記事項証明書と決算書2期分の提出で申し込みができます。

「決算内容だけで判断していません」というキャッチフレーズ通り赤字でも融資を行ってもらえたという体験談も多いです。

ただ、HPなどでは即日融資可能と記載されていますが赤字決算企業の審査の場合は即日融資されている件数は少ないようです。

ローン商品の名前を見ているとよく目にする言葉があります。

それは「アクティブ」という言葉です。

どういったものか見てみると中小企業もしくは個人事業主向けのローン、つまりビジネスローンのことでした。

検索してトップに出てきた七十七銀行の場合では利用条件を見ると沖縄県内に事業所を持っている法人は審査を受けられるようです。

このよう地元に営業所などを持っている企業を対象に事業転換をする際の設備投資資金にも使えそうです。

ただし、銀行機関の行うビジネスローンなので審査期間は長くなりがちです。

なのですぐに資金が必要という方はノンバンク系のローン利用をお勧めします。

参考:http://www.artexpoarezzo.com/

何かしらの手続きをする際に用意しなければいけないものといえば何を思い浮かべますか?ほとんどの方は書類をイメージするのではないでしょうか。

でも手続きごとに必要書類が異なって準備するのが面倒なんですよね。

ここではビジネスローンを借りる際に必要な書類を調べてみました。

①健康保険証などの本人確認書類 ②決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローンではこの2点があれば審査が受けられますが場合によっては、納税証明書などの書類を追加で求められます。

ローン会社によっては決算書不要という会社もあるようです。

銀行融資の場合にはこれ以外にも経営計画書などの様々な書類が必要になります。

また、銀行融資を初めて取引を行う場合は必要な書類も大きく変わります。